VINTAGE GREAT

HighQualityClothes&Collectables

RSS 2.0

DENIM REPAIR デニムリペア

まいど、大崎です。

デニムリペアの話をさせて頂いたら

早速、数件のご依頼ありがとうございます。

自分を追い込むため本日もリペアのお話を。

直し方的なお話。

ビンテージデニム穿く方なら

知らないより知ってた方がいいでしょ?

何処でリペアを依頼するにしろ

こうやって直す方法があるって知っとけば

相手の力量がわかるってもんです。

知らなきゃ相手の言いなり。

そう、大崎の言いなりでリペアすることになります。

ある程度知って頂ければ

こうやって直すのはどう?

なんてご提案して頂ければモチロン考慮致します。

私のスキルも上がりますし。

リペアは色々な方法があります。

どれが正解はありません。

所有者の方が納得したものが正解。

デニムリペアを教えるところなんて無いですからね。

みなさん、独学。

私の最初の頃の直しはひどい。見れたもんじゃない。

友達に何でもいいから穴ふさいでと言われたのが最初。

穴にデニムの切れ端当てて、太い糸でジグザグに縫っただけ。

ココに書くことを考えながらやって頂ければ、みなさんある程度のリペアは出来ます。

たまには新しい事やるのも脳の活性化に一役買いますし。

ご自宅にミシンがある方はぜひご参考に。

では、大崎の

REPAIR WORK SHOP

スタート。

良くある膝付近からモモにかけて生地が薄くなってます。

裏返しにしてポッコリ出ている膝をアイロンで修正。

スチームをいっぱいかけながら平らに。

これをしっかりやらないと出来上がりが歪むのでご注意。

ノンスチームでやると焦げますから必ずスチームで。

この感じだと、あいている穴だけ直したくなりますよね?

こんな感じで穴が開いてると穴と穴の間は生地がうすうす。

穴だけ直したら一回穿いただけで間の部分が破れる可能性大。

このデニムの場合はひざ下からももの付け根ぐらいまでリペアします。

先ずは裏返して接着芯と言うものを貼ります。

手芸屋さん行けば売ってます。

間違ってもデニムを貼ったりはノーサンキューです。

リペアのコンセプトはいかに強度を均一にするか。

強すぎる部分ができると通常の生地との境目から破れます。

ゴワゴワ感が出て穿き心地、イマイチ。

最低限の作業で最低限の強度。

イラン事すればするほど良いこと無し。

この接着芯も出来るだけ薄い物を使用。

接着芯はあくまで補助的な役割。

では接着芯も張り終えたのでミシンの作業を。

接着芯を貼った画像は忘れましたので

みなさん、妄想して下さい。

ミシンも私なりの縫い方の順番があります。

この穴の場合真ん中と左右の色結構違います。

糸の色を変えないと違和感が出ますね。

最初は左右の青みが強い部分から縫って行きます。

はい、こんな感じ。

片側縫ったらデニムの向きを変えて逆から同じように縫うべし。

糸は出来る限り細い物を使用。

90番とか100番あたりを使ってます。

この太さは何かを縫うときにはまず使わない細さ。

この細い糸を使うってとこはかなりのキモ。

左右の端が終わったら糸の色を変えて

中心部を縫って行きます。

この時も真ん中で分けて左右から中心に向けて縫います。

一方向から全部縫ってしまうと歪みが出やすいです。

ミシンは直線ないし曲線を縫うもの。

ジグザグしながら横に向かって縫って行く機械ではありません。

そこを頭に入れながら生地に優しくミシンに優しく縫っていきます。

縫うときもゆっくり目で。

早いスピードで縫ってしまうと生地が傷みます。

ゆっくり縫製です。

先ずはざっくりとミシンを入れて

その隙間を埋めていきます。

こんな感じ。

ココでしっかり穴を埋めないと糸の繊維が抜けてしまうので

極力隙間が無いように。

しかし縫い過ぎは禁物。

一回ですべて埋めれるように慎重に。

何度も縫うとぶ厚くなり過ぎます。

穴の開いているところを直してから

全体をミシンでたたいて終了。

この感じ。

左側の右足が今回のリペア。

まあまあですな。

糸の色には限りがあるので多少の誤差は出ます。

ましてや新品の糸を入れているのでどうしても違和感は出ます。

穿いていくうちになじみますので。

やってみたい!

と思ってたかたには勉強になったかな?

こんな感じでリペアしておりますので

ご依頼お待ちしてます。

では、また。

GREAT & GREAT POWERでは

”委託・買取”

  を強化しております!!

デニムレザーブーツ、ミリタリー

   などのVINTAGEアイテムに加え

 RRLラルフ・ローレン等の

世界各国の老舗ブランド、ハイブランド等

御自宅などで眠っているアイテムがありましたら

是非一度ご相談下さい。



GREAT

TEL:052-241-7567

vintagegreat vintagegreat


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です